育毛情報商材を買う前に読みたいレビュー

高価な育毛情報商材、育毛電子マニュアルを買う前に、チェックしておきましょう。感じたままの育毛情報の購入体験レビュー

 

育毛の達人

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策
育毛の達人マニュアル。

2006年から販売されていますね。

最も古く、また、長く販売されているマニュアルと言っていいでしょう。

私も購入しました。

私がインターネットで光回線を契約し、ネットを会的に見ることができるようになったころ、

ネット上では「育毛情報商材バブル」状態。

いろいろな情報商材が販売されていました。

当時は、この育毛の達人と「ハゲからの生還」の二つが2大人気情報でしたね。

2009年頃まではよく売れていました。

インターネットが発達し、育毛情報の価値が減少してきたので、すべての育毛情報の売れ行きは落ちてきました。

■育毛の達人式Vol.1.8 自宅発毛法 2005年から現在まで既に1万名以上の方が購入 信頼と実績 自宅で簡単にできる発毛法です

  ただし、市販の育毛本にはない楽しさがあるんですよ。 これは、お金はかかっても、一度は味わってほしいね。

いろいろな育毛ノウハウが、この「育毛の達人」には書かれています。

医療的な育毛法も重要なポイントとして推薦していますので、実行するには、やや覚悟は必要です。

育毛の達人マニュアル 2

育毛の達人の「発毛マニュアル」とサプリメントを査定する。


育毛の情報商材という分野があって、2〜3年前までは、なかなか活気のある分野でした。


毎月のように新しい育毛ノウハウを解説する育毛情報商材が発売されて、購入者も多かったようです。


平成23年頃から急速に「育毛情報商材」の分野は衰退してきました。


私はこの情報商材の分野の栄枯衰退を見てきたのですが、結局は、


「ノウハウでは髪は生えない。具体的な行動に具体的な結果がおとずれる」


ということなのでしょう。

育毛マニュアルの作者たちは、育毛サプリ、育毛剤の分野に参入するようになったのです。


発毛ノウハウから、具体的な商品へと移動してきたのです。






その点では、この育毛の達人では「リバイブヘアー」という育毛サプリメントを推奨しており、発毛マニュアルを実践するには、わかりやすい。


さて、育毛の達人の「発毛マニュアル」は、22800円もしますから、なかなか手が出しにくいかもしれません。


育毛・発毛の決定版!ハゲの悩みはこれで一発解決!【育毛の達人】冊子版


私は過去に20冊を超える「育毛情報商材」を購入してきましたが、どのマニュアルも過大広告のようなところがありました。


でも、そこが面白いところでもあるのですね。


育毛情報商材が衰退してきたのは、少しさびしく思っています。


とはいっても、一方で、活気を帯びてきたのが「育毛サプリメント」ですね。


ボストン

フェルサ

GROW UP

など、発毛効果が実際にでるような商品が登場してきたので、活気を帯びてきました。


育毛の達人の推奨する「リバイブヘアー」もまた、成分的にはトップクラスの内容となっています。


いくつかの育毛サプリを 並行して飲んでいますが、リバイブヘアーも取り入れたいと考えています。


成分がノコギリヤシルク微粉末、プラセンタ、などですから、現在考えられるトップレベルの育毛成分であることはたしかですね。

育毛の達人「育毛マニュアル」

育毛の達人式の育毛マニュアルについてレビューします。

 薄毛に悩む人は情報を収集します。

ある人は本屋で、育毛書籍を買うことでしょう。

またある人はネットで育毛情報を収集しているうちに育毛電子ブックを買う人もいることでしょう。

今日は、育毛の内容とレビューを通じて、

「資本主義社会」

というものを考えたいと思います。(←おっ、格調高いブログになってきたかも・・・)


まずは、


「育毛の達人」という育毛マニュアルです。

これはネットで購入するので電子ブックといわれるものの『製品版」です。


もう一つは書店で売っている「育毛セラピー」という本です。




ちなみに、


育毛セラピーは 800円 です。

「育毛の達人」は 2万2.800円 です。


では、この差はどういうことなのか?


2万2000円分「育毛の達人」の方のノウハウが優れているのか?


これは、難しい問題です。


まあ、市販の書籍「育毛セラピー」と電子ブック「育毛の達人」は同じ育毛について解説しています。


育毛セラピーを2万円で電子ブックとして販売してもおかしくはない。


また、育毛の達人を800円で書店で売ってもおかしくはない。



これが、いくつもの育毛書籍を読んできた私の素直な感想。


安い分「育毛セラピー」の方がよいのか?


ある意味で、完成度は、市販の書籍の方が高いです。


とくに、この育毛セラピーの著者は、なかなか筆力があって「読ませる」文章を書いていますからね。


そもそも、市販の書籍というものは販売までに、いろんなハードルがあるのです。


編集者との打ち合わせや、出版社の販売計画との数字的なものもクリヤーしないといけないのです。


だから、市販の書籍を出したら「すごい」といわれるのです。


「先生」です。本を出版したら。


では、電子ブックはどうか?


ある意味、素人に近い人が書いた本ということにもなります。


では、価値はないのか?


2万円も取って、詐欺ではないのか?


というと、そうではないのです。


育毛電子ブックはたいてい1万円以上します。


『魔法の育毛法」を期待したらガッカリするかもしれませんが、育毛電子ブックは独自の存在価値はあります。


やはり必要なものです。


「クズ」でもないし「詐欺」でもないでしょう。


今日はもう時間がないので、また後日、続きを書きますが、


「女性週刊誌にでている19800円の奇跡をよぶペンダントは詐欺なのか?」


あるいは、


「死んだら戒名をつけるが、数万円から数百万円まである。では、高価な数百万円の戒名は詐欺なのか?」


あるいは、


ビールもおでん屋で飲むのと、銀座の高級クラブで飲むのとでは値段が違う。では、高いビールを飲ますところは人をだましているのか?」


あるいは、


「高価な化粧品も原価は安い。では、詐欺なのか? あるいは1000円の化粧品より十万円の化粧品が100倍効果があるのか?」


というようなことを考える必要があるのです。


22800円の育毛電子ブックも必要なのです


「高い」ということが大事なのです。←このことを考えると世の中がわかる。


■育毛の達人式Vol.1.8 自宅発毛法 2005年から現在まで既に1万名以上の方が購入 信頼と実績 自宅で簡単にできる発毛法です



この育毛の達人にかぎらず、現在育毛の電子ブックというものは30冊くらいあります。
 

次々と販売開始されては、販売を停止しています。 この育毛の達人は長く販売されていますね。

 
売れている証拠でしょう。
 

ただし、売れていることと内容は関係ないからね。


ちなみにこの「育毛の達人は」電子ブックのなかでは内容の良さが、

ベスト3に入ると私は評価しています。

■育毛の達人式Vol.1.8 自宅発毛法 2005年から現在まで既に1万名以上の方が購入 信頼と実績 自宅で簡単にできる発毛法です

 
JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策